気付けば、もう9月。
ブログも放置しすぎて変な広告が表示される始末。

更新しなかった8月は、
この近年なかった“夏休み”を満喫。

とにかくたくさんの人に会って、
たくさんの展示会を観て歩いて、

蜜蝋の買い付けにも出かけ、
目まぐるしく過ごしながらも、
心身ともにリフレッシュすることができた。

さあ、9月。
冬に向けイベント目白押し!
そろそろ本腰入れて仕事頑張ります(笑)
最近のこと。

『6周年記念になる何か特別なCandleを創ってほしい』
とのオーダーをいただき、

① レッド、パープル、グリーン、
イエロー、ピンク、ブルーの6色を入れてほしい。

② “6周年”をお祝いする言葉を入れてほしい。

③ これらの条件で、特別感を出してほしい。
どんな物になるかは“ おまかせ ”

ということで、
クライアントからは、急ぎでほしいので、
簡単なものでもOKとの事だったけれど、

何かを6年も続けるのは凄いことだし、
どうせ作るなら贈ったひとも、贈られたひとも喜ぶものがいいな、と。

6色使って、若くカワイイ女の子が喜んでくれそうなもの・・・
今の季節にぴったりなアイスクリームがいいなぁと閃き、

お祝いの言葉は“ アイシングクッキー風 ”で作ろうと決め、
いざ、製作開始!!


→続きを読む

祖母から
形見分けのリングをもらった。



ほぼ一世紀、激動の時代を生き抜いた祖母。

樺太で生まれ育ち、家庭を築いていたが、
終戦後ロシアの突然の進攻により、
小さな子供たちを連れ命からがら北海道へ逃れて来た。

3歳だった父もリュックを背負い
懸命に引揚げ船に乗り込んだことを覚えている。
祖母たちが乗った船は無事だったが、違う船は目前で沈んだという。

家族以外何もなく、知らない土地で借金して開墾し、
子育てしながら畑や水田で働き、家を維持した。

強烈に負けん気が強く、男顔負けの力持ちだった祖母。

そうでなければ乗り越えられなかったのだと思う。
時代に、運命に、翻弄されるのではなく、
正面からぶつかって、ねじ伏せて、上に乗るほどの強いひとだった。
あの小さな体の何処に凄いパワーが詰まっていたんだろうと感嘆する。

病に倒れてからも、何度危ない時期があっても
その都度絶対にあきらめずに回復してきた。

厳しくもやさしく、愛情深いばあちゃんでした。
もう肩の荷下して、ゆっくり休んでほしいと思う。


元気だったころ、「この指輪は優子に」と、言っていたリングを
保管してくれていた叔母から受け取った。

何の装飾もない、シンプルなリング。
装飾の無いストレートなモノを好む感性は、
ばあちゃんから私に受け継がれたのかもしれない。

そう思うと、最後の贈り物にいろんな想い出がこみ上げて、
目が真っ赤です。






7月に入ってすぐに、
道北へ行って来たお話し。

昨年に続き、再訪の宿 “ GA・ KOPPER ”
CIMG5911.jpg
友人のバイク乗り夫妻が、西興部村に移住し、
旧上興部中学校をコツコツとセルフリノベーションしながら営んでるゲストハウス。
CIMG5915.jpg
さすが元・学校。敷地が広い、広い。
CIMG5890.jpg
中に入ると長い長い板張りの廊下。
CIMG5901.jpg
今回泊まったのは、
元・教室を2段ベッド風(天井高くスペースが広い!)に改装した部屋。
ボルダリングのホールドとロープで上り下りする遊び心満点仕様♪


宿は素泊まり形式で、食事は自炊。

調理室が自由に使えて、基本自炊なのだけど、
宿泊した夜は、宿夫妻とライダー友人、ほかにも移住組の方など数名で酒盛り。

メインディッシュは!
チヨちゃん(宿の奥さん)が圧力なべで作ってくれた
絶品の鹿肉デミグラシチュー。
宿の主は、猟もする。そんなわけでジビエですよ。ジビエ。

なんて贅沢な夕飯なんだろう(^^♪
いまはチヨちゃん子育て奮闘中なので素泊まり宿ですが、
いずれは、ランチや宿の食事として提供されるのかな。いや、ぜひ提供してほしい!

写真がない?
美味しすぎて写真撮ってる場合じゃなかった(笑)

あとは酒の肴に、私が作った、テキトーチョップお好み焼き(笑)


→続きを読む

12月に、セントラルでのイベントに出ることになり、
打ち合わせに街に出た帰り・・・

ポストに何か立体的な封筒が投函されている・・・
差出人は、大好きなジュエリー作家さんから。

私が明日から旅に出るのを知っていて、
その彼女は一足先に旅を終えて帰ってきたところ。

なんだろ??
と、包みを開いてみると・・・

CIMG5887.jpg
おおお!!
Pink FloydのポストカードとPigじゃぁないですか!
「行ってらっしゃい!」の言葉と、Pigはお守りに~とのこと(笑)

私の趣味をよく心得てらっしゃる!
(しかもD.ギルモア加入前のマニアックなやつ・・・!)

あれ?これもしかして、彼女のお土産なんだろうか。
だとすると、
Rockと紅茶の美味しいあの国まで旅してきたのかな??スゲー。

私も明日から道北方面に旅立ちます!
モタモタしてるとあっという間に人生終わってしまうので、
(40過ぎると切実にそう思うんですよ。
江戸時代ならもう死んでるかもしれないわけだし)

そんなわけで、(どんなわけだよ)
めいっぱい楽しんで来ようと思います!

アディオス!!
プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ