なんと、

札幌市の『ふるさと納税』の返礼品に、

【 フロストフラワー 】が選出されました♪
フロストフラワー(小)

1万円以上の納税で、(←クリックでサイトへ飛びます)

キャンドル、和紙はがき、紙石鹸の3点、
いずれも札幌スタイル認証製品の詰め合わせセットです。

自分のキャンドルがこういった場で使ってもらえるのは
なんだか凄い事だなぁと思います。

個展後の翌日より
風邪引いてゾンビ状態になり、

その2日後、薬でちょと人間っぽく戻してから
三越の店頭に立ちキャンドル販売させて頂いてました。
(金魚お買い上げのJさま!感謝です!)

2日目の販売終了後に、(よほど目が落ちくぼんでたんですね・・・)
いつもお世話になってる敏腕販売員のW子さんに

【 ヘッドスパ+マッサージ 】
をプレゼントしていただきました!
(札幌三越の9Fには、実は癒しの理容室があるのです。)

初体験のヘッドスパ・・・
最初こそちょっと緊張しましたが、
シャンプーしてもらい、首に蒸しタオル・・・の辺りから意識が飛び、

ガチで寝落ちしました。

地上の楽園が三越の9Fに!?
理容?入るのに勇気が・・・そんな必要ナッシング。
笑顔が素敵でフランクな女性スタッフが迎えてくれますよ♪

W子さま!理容のスタッフのかた!
ほんっと~に癒されました!シャンプー+マッサージ最強です。
やさしさだけでできている・・・・!ヘッドスパ。

疲れたらまた行こうっと。

→続きを読む

個展終わって、
気が抜けたのか・・・

普段“引きこもり状態”で使わない、
他人への気遣いをしたので!?

普段は帽子やヘルメットを被る台としてしか
使ってないアタマを使ったので!?

個展終わった翌日から熱が出て、
風邪かわからないけど、とりあえず薬飲んで
猫のようにジッと自然治癒を待ってます。

仮死状態。“ゾンビ状態”です。

個展終わって、
いろいろな方からメッセージ貰ってますが、
個別に返事できなくてごめんね。

なんせ、ゾンビなので。
ア~、、、とか、ウゥ~と言いながら
思考停止状態が続いております。

明日、ってもう今日か!!
早く人間に戻りた~い!!

三越9Fに♀のゾンビが徘徊してたら、
それは私です。
かみつきませんが、只々ボーっとしてると思います。
先に謝っておきます。

スミマセン!!




“石の蔵ギャラリーはやし”での今年の個展も
無事に閉幕することができました。
CIMG5851.jpg
時間をさいて、ご来場いただいた皆様、
もろもろサポートしてくれたみなさまに
心よりの感謝を!
CIMG5843.jpg

キャンドルを灯しちゃうなんてもったいない!

から、

キャンドルを灯さないなんてもったいない!

に、少しずつ、少しずつでいいから、
意識が変わってゆくといいなぁ・・・願わずにはいられません。

夏至だから!キャンドルナイトしよう!
きっかけには素晴らしいです。

この取り組みが続いて行って、
キャンドルの灯りっていいなぁ

と、一般的に
灯すことに抵抗が無くなる日がくるのが夢です。

個展、
始まった!と思ったら、もう明日で終わり。

CIMG5840.jpg

CIMG5842.jpg

石の蔵の2階、屋根裏のようで、
なんとも落ち着くのです。

暗めの照明にキャンドルの灯りが映えます・・・

CIMG5845.jpg
上から見下ろした、超せまくて急な階段。
荷物の上げ下ろしが大変だけど、
味わい深くて私は大好き。
石の蔵で個展してるなぁ~って実感が湧きます。

CIMG5859.jpg
右側の石蔵の2階に明日まで私が居ます。
(左手1階はカフェ)

札幌、定山渓温泉へ行く手前にある石山地区より切り出された
“ 石山軟石 ”を使用した素敵な蔵なんです。

再開発で取り壊されてしまうのがなんとも言えず心が痛いですが、
かれこれ10回ほど個展を開催させてもらえて、
キャンドルを通じてたくさんの人に出会えたことが私の財産です。


週替わりでいろんな作家さんが自分の世界を創り、
いろんな人が集う蔵とカフェ。

石蔵が素敵なだけじゃなくて、
切り盛りしてる“はやしさん”という灯りに
皆が集っているんだなぁと感慨深く想います。

再開発区画なので今回が最後かも・・・
と、ついつい感傷に浸ってしまいますが、
ラスト1日、来てくれる方を待ちたいと思います。



本日個展最終日。
11:00 → 17:00 迄

石の蔵ギャラリーはやし
札幌市北区北8条西1丁目
011-736-0884
(茶房及び駐車場あり)

→続きを読む

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ