蜜蝋のキャンドルづくり♪

12/19、セントラル7階ギャラリーで開催中の
『 光の抜け道 』会場の一角で

“ 蜜蝋100% ”を材料とした、ちょっと贅沢な
キャンドル教室を開催させてもらいました。
CIMG6673.jpg
中央の鍋に溢れそうなくらい蜜蝋を融かし、
キャンドル芯を浸しては冷やし固め、繰り返して
スティックキャンドルを作ります。
CIMG6676.jpg
作りかけのスティックキャンドルを掛ける簡易式のスタンド。
CIMG6678.jpg
スティックキャンドルだけでは地味な作業が続くので、
合間に手でこねてリンゴのキャンドルも作ります。小鳥さんを作った方も(^^♪
CIMG6679.jpg
スティックは丁度いいサイズに仕上がったら、
白で統一したリーフやカスミソウ、リボンで華やかに飾り、
芯がつながってるので壁飾りにもなります。
CIMG6680.jpg
↓灯すとこんな感じで幻想的~
蜜蝋は灯しても黒煙が出ず、消しても嫌なにおいが残りません。
111.jpg


明日の午後2時~4時の教室、空きあります♪
CIMG6285.jpg
ヨーロッパに古くから伝わる製法で作るスティックキャンドルと、
手でこねて作る小さなリンゴのキャンドル。

道北産の蜜蝋100%を使用し、
製法の違う2種類の蜜蝋キャンドルを
ゆっくりと時間をかけて手作りします。
(スティック2本、リンゴ1 つ完成)

クリスマスやお正月を過ぎても、冬のインエリアに素敵です。

あす12/23 (土・祝) 14:00 ~ 16:00 3名さま空きあります
定員:6 名
参加費:¥4,000(税込み)

ワークショップのご予約・お問合せ
大丸藤井セントラル ギャラリー担当まで
011-231-1131

作ってみたいな~と思った方はぜひ、セントラル7F
『光の抜け道』へお越しくださいね。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ