福猫(犬)はだれ?

いやじつは、

8月の後半から、
大量の注文製作が数件重なる
“嬉しい悲鳴”の異常事態でした。

↓ある日の風景。ラッピング地獄。
キャンドルは作るだけでは終わらない!
CIMG6187.jpg
袋詰め、箱詰め、外袋詰め、リボンかけ・・・
中身を作る以上に手間のかかる作業がテンコ盛り。

普段は気楽な “ ボッチ工房 ” でコツコツ作ってるので間に合うんだけど、
大量製作が重なると、もうね、

作っても作っても終わらない・・・・!
ボッチはつらいよ!!(でも自由!)

9月も10日近くなった今日、
やっと一番大口の納品を終え、ちょっと一息。ふう。

たった10日ほどで、千は行かないけど数百個のキャンドル、
作りも作った。(だけど痩せない不思議。)

注文は、ばらけて来てほしいんだけど、
なぜか集中する不思議。



8月はいろんな猫ちゃんワンちゃんに出会って、
モフモフナデナデ祭りだったので、

今回の “ 受注MAX怒りのデスロード ”は、

その中のだれかが
福猫もしくは福ワンコだったのだと思うの。








〈おまけ〉

“ 福猫(犬)を探せ! ”
8月にモフモフしたニャンコ&ワンコたちを一挙掲載。

CIMG6068.jpg
↑ウチのお気楽猫のアンコ君。
“ジャンピングアタック抱っこ”常習犯。私と相方はいつも血だらけ傷だらけ。
CIMG6062.jpg
↑ウチのストーカー系女子。黒猫の“シロちゃん”
“ジャンピングアタック抱っこ”常習犯。私と相方はいつも血だらけ傷だらけ。
CIMG6053.jpg
↑ウチ一番の賢いコボ君。(抱っこで爪は立てない技巧派)
さあ、撫でるがいいの“伸し餅”悩殺ポーズ。
CIMG6103.jpg
お盆前に帰省してた友人のチワワ“ミル君”の
上目遣い悩殺ポーズ。(可愛すぎて胸が苦しくなった。)



ここからは蜜蝋の買い付けで地方を巡った時に出会った
可愛い子たち。
CIMG5933.jpg
西興部近くのチーズとソフトクリームの売店脇に居たニャンコさん。
話しかけたら駆け寄ってきて、いきなりのゴロンゴロンスリスリ。
(可愛すぎて心臓が痛くなった)
CIMG5916.jpg
下川町のレストラン・モレーナの看板犬。
CIMG6148.jpg
再訪したのを覚えててくれたようで、
ちぎれんばかりの尻尾ブンブンからのゴロン&上目づかい。
(もう可愛すぎて耳から魂抜けかかった。)
CIMG6155.jpg
↑同じくレストラン・モレーナの看板ニャンコさん。御年15歳以上!! 
こ…神々しい!!(話しかけながらナデナデしたらジッと聞いていた・・・)
CIMG6169.jpg
↑私の母の友人宅のニャンコさん。
“猫がいる”と聞いては、素通りできずにアポとって訪問。
野良出身とは思えぬアイラインバッチリの美猫さん。
初めて会ったのにスリスリしに来てくれるスーパー器量よし♪
(無論、ナデナデしましたとも!)


この中の誰かが、福をもたらせてくれたのだと思います。
でも大量注文は時期をずらしてお願いします!
(贅沢かな?)

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ