ツーリング2016♪②

今月上旬にツーリングに行ってきたお話しその⓶

前日札幌を出発し日本海沿いを天塩まで北上してから
内陸へ少し戻る形で中頓別へ。

一泊し、翌朝は札幌へ帰る相方と別れ、
私は一人で西興部村へ。

国道40号を下るのが一番近道だけど、
とにかく退屈で、いつどこでK●ツが網を張ってるかわからないので
遠回りではあるものの快適ルートの道道を選択。

CIMG4760.jpg
歌登あたりのR120号線。
いつ来ても気持ちの良い道。セミの声が凄かった!

その後、
[天の川トンネル]を抜け、美深の[トロッコ王国]前を通過し
道道49号へ。さらに分岐で下川へ向かう60号線へ。

フツーはスマホのナビで走るんだろうけど、
私は生きた化石なので、いまだに要所要所でバイクを停め、
地図を広げてルート確認。

ナビは確かに便利だけど、
地図や土地の雰囲気が頭に入らない。
さら~っと通り抜けて、心に何も残らない。

寝る前に今日走った道を地図で確認して、
気になったことを書き入れるのが好き。



CIMG4798.jpg
2日目の宿、西興部村ゲストハウス。

国道239沿い、下川方面から西興部の道の駅[花夢]を過ぎて
しばらくすると左手に赤い屋根の学校が見えます。
CIMG4805.jpg
手書きのウェルカムボードがうれしい。

過去には[ ひなた母校 ]という旅人の宿でしたが、
西興部村に移住した、世界を旅したコアなライダー友人夫妻が引き継ぎ、
[ 西興部村ゲストハウス・ga・kopper ]として
現在セルフビルドでリノベーション中。

CIMG4796.jpg
まだプレオープンで、本格的には営業していないので、
仮のお部屋に泊まらせてもらった。
CIMG4790.jpg
ザ・学校な、長い廊下。
CIMG4788.jpg
洗面所、バス、トイレなど、
とてもきれいにリノベーションされていて、
女性客でも安心。
CIMG4792.jpg
まるでロフトのような広ーい2段ベッド。
海外を旅した経験から、思いついたのだそう。
仕上がりが楽しみ。

CIMG4793.jpg
調理室だった部屋は、自炊できる共用キッチンに。

CIMG4820.jpg
大木1本まるままカウンターテーブルにした談話室。カッケー!
間接照明もあり夜はオシャレなバーに。
CIMG4808.jpg
学校の外壁についていた?大きな時計をテーブルにするのだとか。
アイデアがすごいよ。すごくいい。
CIMG4809.jpg
友人自ら設計した薪ストーブ。サイドに小さなピザ窯つき!
まだ使ってないのだそう。寒くなったころに再訪したいなぁ。
CIMG4821.jpg
友人と赤ちゃん。
スケールの大きな子に育ちそう!成長がたのしみ。
CIMG4826.jpg
私のバイクを撮影する友人(笑
この友人が撮影した写真がこちらで紹介いただいてます(笑

西興部村ゲストハウス、今後が楽しみで仕方ない。
友人がこんなに大きな事業をコツコツ頑張ってるのを
目の当たりにして、感動もしたし、大いに刺激にもなった。
私も自分の仕事を頑張ろう。

興味を持った方は、ぜひ西興部村!を旅してみては。

※バイク記は、まだ数回続くかもよ~

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ