6/12 もう一人の、福井優子。

しばらく前、
友人から、「福井優子」でネット検索すると

同姓同名で、もうひとり

「観覧車の女王」と呼ばれてる「福井優子」がヒットするよ~と。

私も検索してみると、もう一人の「福井優子」さんは、
全国の観覧車を乗り歩き、本も出版してしまう凄いヒトなのを知る!

わーーー!連絡取りたい!!

冷静に考えると、苗字と名前が同じだけ。
でも、なんだろう、このワクワク感!

「福井」も「優子」も、あんまり遭遇しない名前。

それが見事揃って、しかも観覧車の女王!とくれば、アドレナリン大放出!!

....でも私の検索の仕方が悪かったのか、出版されてる本の情報ばかりで
彼女のブログやメルアドにはたどり着けずにいたのです。

それがなんと最近、

「観覧車の福井優子」さんが、「キャンドルの福井優子」のブログを発見してくれて、
メールをくれたんです!!!
連絡取りたいと思ってた本人からのメールに、

 「さかなクン」 ばりに、テンション上がりすぎて、

そのままの勢いでメール返信してしまい、
後で読み返して 「これは...ドン引きだよなぁ...もうメール来ないかも。」と
凹んでいたところ、

「ブログで紹介したいのでなにかキャンドルの写真送ってください」 と!

なんて懐が深いのーーー!?もう一人の「福井優子」さんっ。
やはり只者ではない、福井優子。ニヤリ。

そして!しっかり彼女のブログで取り上げていただきました!こちら。


だから...というわけではありませんが、私も観覧車の優子さんの紹介をば。

福井優子さんはアクティブに全国各地に出向き観覧車に実際に乗り、
その観覧車と土地にまつわる歴史や由来を掘り下げて調査して、
文献や周辺情報などもプラスして学術的に紹介されています。
ブログでは英訳も載せるほどのスーパー・才女なのです。

はじめ、「観覧車の女王」というコトバに勝手に想像膨らみ、
全国の観覧車に乗りまくり、レポートしてる楽しいヒト
と、勘違いしてた自分の馬鹿さ加減が恥ずかしくて、
地中深く穴を掘って埋まりたいくらいです。

以下出版物のご紹介です。
観覧車物語
最初の本は『観覧車物語』(2940円、2005年、平凡社刊) 表紙がなんとも美しいですね。

日本の観覧車
『ニッポンの観覧車』(1680円、2009年、イカロス出版) 久しぶりに観覧車に乗ってみたくなります。

HEPfive from KYK2010528
この写真は大阪駅前にあるビルに組み込まれた観覧車。
2011年1月号「たくさんのふしぎ」(福音館書店)で、観覧車の絵本を出す予定なのだそう。
発売は12月。これは700円くらいとのこと。これが今度の絵本に出てきます。
赤いフレームがなんともきれい。イタリアのバイクDUCATIのフレームのよう。

yuko_only.jpg
 この方が 「観覧車」 の福井優子さんです。
 よ~く見ると、帯にも観覧車が!!


 
 どちらの 「福井優子」 も、何かを突き詰めるタイプなのかもしれないですね。
 嬉しい出会いに感謝♪

 こんな私ですがあきれずおつきあいくださいね。優子さん。

No title

すてきに紹介してくださって、ありがとうございます。
ところで、「観覧車の女王」と呼ばれていましたっけ? これはたぶん、最初の拙著で、観覧車のことを「遊園地の女王」と紹介したのが変化し、私自身が「観覧車の女王」になってしまったのでは。光栄ですが、私は女王でなく、「観覧車のしもべ」と思っております(笑)。
これからもよろしく。すばらしい作品をいっぱいつくってくださいね。

すごぉい!!
私もネットで福チャンを探すと出てくる

観覧車の福井優子さんのこと、気になっていたので、このブログ 興奮(笑)

観覧車のしもべ・福井優子さま

コメントありがとうございます。

> ところで、「観覧車の女王」と呼ばれていましたっけ? 

以前に検索かけたときにそのように見かけたと思うのですが、
なにせそそっかしい私のこと、勘違いかも....!?
どちらにしても、「称号」が付くなんて、凄いことです。
わたしなんて「自称・キャンドル作家」ですから!

私も、アクティブな福井さんのご活躍を心から楽しみにしています。
札幌・ススキノにある観覧車も調査に来てください、そしてご飯食べましょう♪

さちこへ♪

同姓同名の人から連絡もらうのって、そうそう無い事だよね!
しかもその道のスペシャリストで活躍されてる凄い人!
嬉しい♪♪

すごいですね~!

私も福井さんを検索した時に、もう1人の福井さんがヒットして気になっておりました。
なかなか同姓同名の人と出会う事は無いですよね。
私の苗字はちょっぴりめずらしいので、きっと同じ人は居ないだろうなぁと検察してみると、なんと同姓同名の方にヒット!
連絡を取りたくて仕方ありません~!!
でも連絡先がわからない・・涙

19日の澪工房さんのキャンドル教室、伺います!
(あれ?私の事おわかりになるでしょうか・・汗)
何はともあれよろしくお願いしますねー!楽しみにしています。

azuさん、コメありがとうございます♪

azuさんお久しぶりですね。
いつもブログ拝見してます。写真綺麗ですね~

そうなんです!気になってた同姓度同名ご本人から
連絡いただいて!大興奮です♪
しかも、とってもいい方なんですよ~

もう一人のazuさん、連絡取れるといいですね。
もしかすると私のように探し当ててくれるかもしれませんよ。
(ブログのメールフォームからご連絡いただきましたよ)

では19日の澪工房さん、お待ちしてますね。
お会いするの楽しみにしてます。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ