秋のツーリング♪①

2年前、予期せぬ偶然から
猫6匹のお世話に明け暮れることとなり、
趣味のツーリングが “ おあずけ ”状態だった私(と相方)。

車検も取って今年こそは!と旅心がメラメラしてました。

10/5に相方が友人とツーリングに行くことになり、
更に連休が取れたということで、

これは旅に出る絶好のチャンス!と、
私も1日遅れで相方を追いかける形で1泊ツーリングを画策。

でも心配なのはニャンコ達のお世話。

1、2匹ならペットホテルもありだけど、
なんせ6匹。

知らない人も猫も完全拒否のウチの猫たち。
性格もご飯の食べ方も好みも違う。
生まれてこのかた1日たりとも家を空けたことがなかった。

これは困った・・・・と考え、
日ごろより、しょっちゅう同じ釜の飯を食べ、
唯一猫たちもなついている友人・河ちゃんを助っ人に招集。

時間差ツーリングで、
相方が出かけた日は、私がニャン達の世話。
翌、私が出かけた日は、河ちゃんがお世話。
という具合に、
相方2泊3日、私1泊2日のツーリングに行ってきました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/5江別での仕事を終えて夕方帰宅し、
キャンドル道具を片付け、バッテリー交換、空気圧点検、
ニャンのお世話、洗濯、ツーリング荷造りとあわただしく過ごすうち深夜に。

翌6日は早朝出発を目指していたので早く寝なきゃ!
と、焦れば焦るほど眠れず(笑

ポンちゃん(猫)も枕元でゴソゴソするのでほとんど眠れぬまま朝を迎え、
ニャンたちに早朝5時にごはんをあげ、新しい水をたっぷりと、トイレ掃除し、

「ケンカしないで仲良くね。ツーリングの無事を祈っててね。」
と、言い聞かせ、

バイクウェアを着込んで車庫からバイクを引っ張り出し、
荷物を積み込み、6時過ぎにいざ出発!!

生憎の曇天&低温の中
国道275をひたすら北上し、「道の駅うりゅう」で休憩。
新篠津から雨竜まで霧にまかれ体感温度は14、5度。かなり寒かった。
8時台まだ店は開いておらず、自販機でカフェオレを。

雨竜を出た後は急に青空になり、暑いくらいに!
つまらない国道を外れ、
妹背牛、秩父別を抜け、ちょっと道に迷いつつ沼田に出て、
2回目の休憩は「道の駅ほろかない」で。

幌加内といえば蕎麦!なので、
道の駅がオープンするまでしばし休憩しながら待ち、
開くと同時にお土産を購入。
150906_1013~01
久しぶりの幌加内そばも堪能してきました♪


幌加内を後にして、朱鞠内の快走ルートを通り、美深へ。
かなり目的地に近づいたので、
「道の駅びふか」に立ち寄り、相方に電話してみたら、まもなく目的地に着くとのことで、
予定通り「道の駅ピンネシリ」で落ち合うことに。
(前日相方は友人と一緒に西興部に泊まっていた。)
CIMG3964.jpg
このあと音威子府を抜け、無事12時過ぎ「道の駅ピンネシリ」で合流。
ここまでの走行距離、ちょうど300㎞。
結構走ったな~と思っていたら、
この後、更に走行距離を延ばす事態に・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この続きはまた明日。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ