秘蔵品、その弐。

ここ最近、何度もお知らせしてますが、
6/18~個展します。

7回続いた石の蔵での個展。
今回は総集編ということで、

なつかしい秘蔵品もいろいろ出します。

a-45.jpg
「 月の雫 」 と呼んでるフローティングのセット。

まあるい、ロウでできた器に、
ある方法で “ 透かし彫り ” のラインを入れてあり、

付属の水に浮くCandleを灯せば、
ライン部分が光を通してとても綺麗。



このCandle(と、いうか器?)

作るのがめちゃくちゃ難しいんです。
難しいんです。めちゃくちゃに。
↑ここ大事なので強調します。

そして工程数が多い!!
器は何度も何度もロウを重ねて作り、
模様入れはほぼ即興で、一発勝負。

途中少しでも手が止まれば、器から作り直し。
賽の河原のような
恐ろしく集中力と忍耐のいる作業を経て出来上がります。

なのに白一色で地味なのと、
やはりCandleなので落としたりぶつけたりすると壊れる。
ということで価格と需要が折り合わない。

おそらく誰もできないオリジナルの技術と
製作時間を費やして作っても人気がない・・・・

なので最近作ってません。
久々の登場です。ぜひ見にきてくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6日間の個展のお知らせ
progressive candle exhibition
compilation of seven times
6/18(木)→6/23(火)
11:00~18:00(最終日17:00迄)

石の蔵ギャラリー・はやし tel.011-736-0884
札幌市北区北8条西1丁目 
カフェ併設・駐車場あり(お店の前に2~3台)
期間中作家在廊します。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ