犬派、猫派あるある

昨日、
最終日だった知人たちの個展をみに「石の蔵」へ。

作品を見せてもらってると、ふと備前焼の小さなワンコに目がとまり・・・・

「 ワンコってつくるの難しいよね 」

という話になり、
猫好きと犬好きの違いについて雑談になった。

「 ものつくり 」 してる人はどんなジャンルでも圧倒的に「 猫 」作品が多い。
単純に創作する人には猫好きが多いだけかもしれない。
でも、それだけじゃないよね、と。

ニャンコスキー → 猫ならおおむねどの猫も可愛い。
ワンコスキー → 犬種指定。うちの子が至高。

ざっくり↑こんな感じ。

猫は毛色の違いがあるくらいで品種による差異も小さい。
一方ワンコは把握しきれないほどの犬種があり、
小型~大型、MIXまで幅が広くてなかなか手を出せない。


しかもワンコスキー、手強い。

「これも可愛いんだけど、やっぱりうちの子のほうが可愛いわ~」

と、笑顔で言われ心折れる。


そう、猫は作りやすいのである。


結論。
ワンコづくりに挑戦する作家さんは凄いと思うの。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ