灯りが紡ぐ縁

つい最近のこと、

WEBショップよりご注文を頂いて、
いつものように、システムどおりに受注連絡メールを入れ、
candleの発送準備を進め、お支払を待つだけの状態でいたところ、


翌日になりお客様から

『受注確認メールが届か届かず、心配してます』

と、メールが。


確かに送ったはずが、システムエラーなのか届いておらず、
せっかく注文してくれた方に心配をお掛けしてしまい、
慌ててメールの再送とお電話で連絡を取った所、

電話口のお客様は、
こちらのミスを怒るどころか、
とても丁寧にとても申し訳なさそうに
ご対応いただいて、

ひたすら申し訳無く、恐縮してアワアワしてしまうくらい
声から誠実で素敵な人柄が滲み出てる女性でした。


本来WEBショップでは入金確認を待ってから出荷するのが鉄則ですが、
直接の電話のやり取りから

『この方は絶対に大丈夫。という確信と、
もしかして、お急ぎのご注文かも・・・・』

と感じ取ったので、
こちらの不備が原因で出荷が遅れてはいけないと思い、
入金を待たずすぐに出荷し、ご連絡したところ、


心のこもった暖かいメールを頂戴しました。

progressive candle (6)


震災を経験されたご友人への贈り物に
私のcandleを気に入り選んで頂いたことと、
そのご友人が震災のおり、停電が1週間ほど続き、

「灯りが点った時には本当に嬉しかった」

と言っていたエピソードを教えてくれました。
過酷な状況下での灯りにまつわるお話が胸を打ちます。

お電話の際には何も知らされてはいませんでしたが、
心のどこかで、『もしかすると被災された方への贈り物かな・・・』
と感じていました。


自分の作った灯りが、誰かの役に立てたと思うだけで、
感動で胸が熱くなります。

出荷が遅れずに、今日大切な方の元に届いて本当に良かったと思いました。


他者への思いやりに溢れたお客様との出会いが、
また一つ大切な宝物になり、

『ああ、この仕事を続けられて幸せだな。』

と、改めて感じ入り、かみしめる今日3月11日でした。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ