残暑のころのツーリング

前回の続き。

9月上旬、まだ残暑厳しかったころ独りでツーリングしてきたレポです。

1日目は札幌→夕張→占冠→トマム→東瓜幕→
上士幌ナイタイ高原→音更の友人宅宿泊。
おおむね300キロ弱走行。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目のこの日は音更を出発後、足寄→阿寒横断道路→弟子屈→尾岱沼のルート。
雨の予報がはずれ、曇り時々晴れ。

阿寒横断道路を抜け、弟子屈から美幌峠を見上げると
ずっしり重い雲が.....でも
「もしかしたら雲がはれるかも!」と、
O型的アバウトさ発動させ
目的の標茶方面から道を逸れて美幌峠へ。

美幌峠①
雲の切れ間から、屈斜路湖の全景を望む。
美幌峠②
雄大な景色にしばし圧倒される。
峠までの道が細く小さく見える。
美幌峠③
屈斜路湖が一望できるビューポイントまでは
長い登り階段+ガレ場トレッキング。
(景色が良いからって、ヒール履いたオネーさん連れてくると怒られること請け合い。)

この荒涼とした景色、けっこう好き。
12年ぶりに観た美幌峠の絶景、プライスレス。

前回来た時は、大型バイク乗りたてで、
ベテランライダーの友人に連れてきてもらった。

今回は自分ひとりの力(←大げさな!)で観に来た絶景。
なんだか感慨深いなぁ。

バイク乗り始めて気がつけば17年も!
経ってた事がホント驚きです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美幌峠でしばし佇んだあと、この日のキャンプ地、尾岱沼へGO!
中標津で青看板にダマされ時間ロスしたので、夕暮れギリギリに到着。
走行距離、およそ300キロ。

キャンプめし
キャンプめし。

バーナー一個じゃ大したことできないので、
からしめんたいスパ&ビア。
クッカーから直接食べるんだぜぇ?ワイルドだろぉ?(←誰??)


野菜が無い??


見た目は■バさん、中身は■ジさん、な私。
ビールがあれば幸せ。

非公開コメント

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ