7月の上旬、
バイクで道北ツーリングに行った際、
以前より連絡を試みていた養蜂家さんとやっと会うことができた。



いままでも細々と蜜蝋のキャンドルを作ってきたけれど、
以前仕入れていた養蜂家さんが辞められて以来、入手にとても困っていた。

ネットを探せば、国産も海外産の蜜蝋も手に入るけれど、
きれいに精製された蝋は、なんだか味気なく(いや、食べないけどね)
そっけないただの“材料”に感じられて、
キャンドルづくりをしていても今一つしっくりこなかった。


せっかくなら北海道でとれた蜜蝋でキャンドルを作りたい。


という気持ちがどんどん強くなり、

バイクでよく訪れる道北の道の駅スタッフさんに紹介してもらい、
新しい養蜂家さんと出会うことができた。

なんと奈良県から毎夏、北海道へ巣箱を移動して採蜜しているのだとか。
自然相手のスケールの大きな仕事です。

気難しい方だったらどうしよう・・・と心配してましたが、
お会いしてみると、とても気さくで、しかもニャンコスキー!
一気に(勝手に)親しみが沸きました。

一緒に働き、蜜蝋を作ってる親戚の方も紹介いただいて、
できたて(?)の蜜蝋を仕入れさせていただくことができました。


とてもきれいな黄色の蜜蝋。
精製された“材料”とは違うワイルドな風合い。
どんなキャンドルを作ろう。ワクワクが止まらない。

これで約6㎏の塊。
荷崩れしないようがっちりバイクに括り付け、札幌に帰ってきました。

この20日後、
“ 蜜蝋ができるまで ” を、実際に学ぶため
作業見学させてもらいに行ってきました。

その話は、また次回。


プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ