前回、私には「正月なんてない!」と、
自分に言い聞かせる意味も込めて、宣言したものの、

結局はキャンドル作りながら、
かなりの“ 酒池猫林 ”で過ごした・・・ダメ人間。


尻に火がつき、
気が付けば1月も20日ですよ!
ああ、2月が近づいてくる!!!

①恒例の 「 大通り地下ショーケース展示 」 と、

②連動企画の札幌スタイルショップでの
ProgressiveCandle 「 特設コーナー 」 販売と、

③雪まつり2015,大通り公園5丁目に登場する
 「札幌スタイルブース」での販売。

この3件の大きな波がほぼ同時にやってくるんですよ、さちこ。(←誰?)


日々、作っても作っても追い付かない状況。
CIMG3072.jpg
写真は、昨年の「パサージュ」イベントの
新作人気コンテストで16社中見事1位に輝いた、シロクマcandleの製作風景。

ただの白いクマcandleに目鼻口描いてるだけでしょー?

と、思われがちですが、違うんですよ、ひろみ。(←誰??)

粘土から型をおこし、清掃した型に芯を通し、
丁寧にロウを流し固めて、型から取り出したキャンドルの
バリ取り、余分な部分の除去などして、やっと土台が完成。

そこに、陰影と爪の部分などに彩色し、
やっと目鼻口を心を込めて書き入れています。

仕上げにはニスを塗り、ツヤッツヤの目鼻にしているんです♪

CIMG3057.jpg
たかがcandleですが、出来上がるまでには
様々な工程を経てるんですよー。

さらに、こわれもののcandleなので、
パッケージも工夫が必要で作り手泣かせ。

さあ、作れ創れ、自分。
期限は目の前、あと一息、がんばりまーーーす!

→続きを読む

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ