前回のつづき。



波乱万丈の猫生を歩んできた [ おじさん ]。
元からなのか、捨てられたショックなのか、
はたまた先住猫「まぼちゃん」のせいなのか・・・・
色々こじらせてしまったようで、

当初は全く姿を見せずに夜中にカリカリを食べ、
そのうち隠れてる棚から「家政婦は見た」状態でこちらをガン見するようになり、
いまは近くの人間の袖口にかじりついてはマウントしてくる困ったヤツに・・・・

触られるのが極端に嫌いで、
1年半近く経つ最近になってやっと、
機嫌のいい時だけ頭と首すじを撫でさせてくれる程度。
背中はNG。
CIMG2471.jpg
ヒトの指はかじるものと思ってるらしい。がじがじ・・・・
CIMG2472.jpg
あぐあぐ・・・・
CIMG2473.jpg
手に穴が開いたじゃんよ、おじさん・・・・

いつも「ウロロロロ~ン、ウウウン、オウウウウンン~!」と
意味不明な文句を垂れ流しながら、
すぐ近くをウロウロ、ぐるぐる歩き回るのに、
触ると激怒する、めんどくさいヤツめ。

いつか、足元にスリスリ来る日はあるんだろか・・・?


捨てた奴が許せない!と鼻息荒い私に
「人を呪わば穴ふたつ」だよ、という相方。

私はまだそんなガンジーみたいな心境にはなれないけれど、
「おじさん」の寝顔はいまとても幸せそうなので、
まぁいいか・・・、と思っています。

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム
キャンドル教室・チケットのお申し込みなど 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。

名前:
メール:
件名:
本文:

Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ