fc2ブログ
皆さん今日の皆既月食、見れましたか?
CIMG1852 (Large)
札幌の今日の空模様では、
月食を眺めるのはほぼ無理!と諦めていたので、
思いがけず最初から最後まで観察できて嬉しい!!

まもなく雪の季節。
キーンと冷える外気に、月もより一層きれい。

以前にもblogに書きましたが、
満月の夜は何故だかテンションがMAX!!
になります・・・。

人間は滿汐で生まれたり、引き潮でこの世を去ったり、
やはり月から何等かの影響を受けてるんでしょうね。
連続イベントを終え、やっとタイヤ交換できた!
最近起こった腹に据えかねる出来事💢も、
爆音のエアコンプレッサー&インパクトレンチで、
ズドダダダダッ!!🔥💥💥と吹っ飛ばし、スッキリ🌈した。
CIMG1821 (Medium)
シグネット・インパクトレンチ&同じくシグネット増し締め簡単トルクレンチ♪
CIMG1815 (Medium)
ジャッキUP!
CIMG1820 (Medium)
はずした夏タイヤのブレーキダストは洗い流してから冬眠させましょう。

どんな怒りも悲しみも、時間と、
楽しい仲間と美味しいお酒が解決してくれる・・・。

個展3日目の帰り道、
売り切れてしまったマスクケースの在庫を借りに、
(普段販売頂いてる)cafeエスキスさんへ。
CIMG1073 (Medium)
すると店の前にピンクナンバーカブ発見。
(91cc以上125cc以下の原付)

私もカブ乗りなので、気になりつつ店内に入ると、
カウンター奥に写真家のウリュウ ユウキさんが。
そう、瓜生さん本気のカブ乗り。思い出した。笑

さらにテーブル席のスーツの男性が身を乗り出し、店前に
停めた私のカブをガン見してるではありませんか。

「あー、郵便局カブに見えるので怪しまれちゃってるのかな??」
などど身構えていたら、その方が・・・
「すみません!僕、カブに乗りたくて最近免許を取ったんです!
ぜひ近くで見せてくださいっ!!」
と。

拍子抜けして思わず笑っちゃいました。
すると、すかさず瓜生さんも加わり店の外で
カブ好きによるカブ談議に花が咲き、撮影会に(笑)
CIMG1580 (Medium)
CIMG1579 (Large)

マスクケースを引取りに行っただけなのに、まさかのカブ好きが集合。

シティーコミューターによし、出前によし、ツーリングだってお手の物。
どんな悪路もガンガン走って驚異の低燃費!
世界のHONDAカブシリーズ!熱いぜ!!
(個展の話を載せようと思ったのに、カブ愛が炸裂してしまった汗)

そう、マスクケースおすすめなんです。
初めてキャンドル以外のデザインを手がけました。
CIMG1071 (Medium)
カラーはピンク、水色、藍色の3色。
ホログラムのように雪の結晶がキラキラと光ります。

マスクはもちろん、
コンサートチケットを挟むのにもGood♪

市内店舗では¥1400前後で販売してますが、
個展会場では¥1000丁度で販売中。
ご自分用にも、プレゼントにも、良いと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
灯りと影のキャンドル展
2021年10月12日(火) ~ 10月17日(日)
10:00 ~ 18:00 (最終日 16:00 まで)
札幌市中央区大通西5丁目11大五ビル
011-231-1071
大通美術館 E 室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ごく最近の事。
久しぶりに知人の作品展を観に札幌のお隣、北広島へ。
CIMG1489 (Large)
36号線から竹山高原温泉方面へ向かう道を走り、
道路脇にある小さなオレンジ色の看板を目印に
細い砂利道を森の中に下れば、
『黒い森美術館』があります。
CIMG1488 (Large)
道路からは全く見えない森の中。
CIMG1491 (Large)
REST FOREST
清水宏晃木工作品展

大きな窓から見える森の景色と、存在感のあるハイバックチェア、
近隣の雑木林から切り出した白樺を使った作品たちが印象的でした。
CIMG1494 (Large)
鹿皮を使ったクッションとのコラボスツール、
すっきりシャープで、とてもカッコよかったなぁ。
CIMG1492 (Large)
白樺から削りだされた一点物の作品たち
CIMG1493 (Large)
熊木彫りも清水さんの作品。
画像の物よりも、うんと小さーいサイズの熊を連れ帰りました。
お気に入り(^^♪

自分の個展も近いのに、
なかなか気合が入らず逡巡してましたが
やはり、ものつくりの仲間(と勝手に思っている)の
作品を目の当たりにすると、良いパワーを貰えます。

さて、明日から10月。遂に自分の番です。
準備頑張るゾー!!
プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ