FC2ブログ
ちょうど先週8/1(水)のこと。
以前より行ってみたいと思っていたギャラリー探訪。
IMG_0775 (ブログ)
36号線から北広市街に向う道道を走り、途中看板を頼りに、
ホントにここでOK??という林道を進むと・・・
IMG_0772 (ブログ)
ありました。森の中にひっそり佇む目的のギャラリー。
IMG_0771 (ブログ)
黒い森美術館。

→続きを読む

大通り駅構内の定期券売り場よこにある、

『札幌スタイルショーケース展示』

本日からはじまります。

昨晩3時間ほどかけて設営・飾りつけしてきました~
CIMG5150.jpg
今回、“札幌の冬のはじまり”をテーマに、
白樺の木をディスプレイに取り入れ、今までと少し違う
ナチュラルな雰囲気に仕上がったと思います。
CIMG5159.jpg
CIMG5163.jpg
写真左手の小さな翼のキャンドルは、
普段オーダー制作してる大きい作品のミニチュア版。

CIMG5160.jpg
青いキャンドルの中に点在してる黄色いおうちは、
今年、中頓別で買い付けて来た“ミツロウ”で作ったキャンドル。
飾っておくだけでクリスマス気分になるかも?

ショーケースに展示中のキャンドルは、

いずれも 【 三越 9階 アートスクエア 】 にて12/26まで取り扱ってます♪
ほかにもいろんなキャンドル置いてますのでぜひぜひお立ち寄りくださいね~
7月の上旬、
バイクで道北ツーリングに行った際、
以前より連絡を試みていた養蜂家さんとやっと会うことができた。



いままでも細々と蜜蝋のキャンドルを作ってきたけれど、
以前仕入れていた養蜂家さんが辞められて以来、入手にとても困っていた。

ネットを探せば、国産も海外産の蜜蝋も手に入るけれど、
きれいに精製された蝋は、なんだか味気なく(いや、食べないけどね)
そっけないただの“材料”に感じられて、
キャンドルづくりをしていても今一つしっくりこなかった。


せっかくなら北海道でとれた蜜蝋でキャンドルを作りたい。


という気持ちがどんどん強くなり、

バイクでよく訪れる道北の道の駅スタッフさんに紹介してもらい、
新しい養蜂家さんと出会うことができた。

なんと奈良県から毎夏、北海道へ巣箱を移動して採蜜しているのだとか。
自然相手のスケールの大きな仕事です。

気難しい方だったらどうしよう・・・と心配してましたが、
お会いしてみると、とても気さくで、しかもニャンコスキー!
一気に(勝手に)親しみが沸きました。

一緒に働き、蜜蝋を作ってる親戚の方も紹介いただいて、
できたて(?)の蜜蝋を仕入れさせていただくことができました。


とてもきれいな黄色の蜜蝋。
精製された“材料”とは違うワイルドな風合い。
どんなキャンドルを作ろう。ワクワクが止まらない。

これで約6㎏の塊。
荷崩れしないようがっちりバイクに括り付け、札幌に帰ってきました。

この20日後、
“ 蜜蝋ができるまで ” を、実際に学ぶため
作業見学させてもらいに行ってきました。

その話は、また次回。


まだちょっと気が早いかもしれないですが、

来月8月の12(金)、13(土)の2日間、
大丸藤井セントラル・7Fスカイホールで開催の
ワークショップイベントに出ます(^^♪

omote_xga.jpg

ura_xga.jpg
私以外にもたくさんの作家さんが、様々なワークショップを連日開催。
興味のある方はぜひチェックして、ご参加くださいね。

ご予約は、直接セントラルさんへ。
011-231-1131
までお願いしまーす。
海の日3連休だった
きのうと今日、

円山どうぶつ園でキャンドル教室2Days。
開催してきました~

近隣の幼稚園と小学校にチラシ告知されていたようで、
予想を上回る大盛況であっという間の2日間でした。

蒸し暑いさなか、
たっっっくさん!の参加してくれたみんな、
どうもありがとう!
CIMG4858.jpg
CIMG4859.jpg
CIMG4860.jpg
アジアから旅行中?の女の子も参加してくれました。
CIMG4869.jpg
CIMG4873.jpg
おもいおもいに、
個性の光るゴマちゃんキャンドルが出来上がってました。
しばらくは灯さずに、飾って楽しんでね。
プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
メールフォーム
キャンドル教室のお申し込みや、 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。 ※メールアドレスのご記入はお間違えの無いようお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ