INFORMATIONSがいつもTOPに来るように設定しています。

日々の日記はスクロールしてご覧ください。


-- お知らせ --
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

手作りフェスティバルに出展します

平成28年10月7日(金)10:00-17:00
         8日(土) 10:00-16:00

会場  北海道立総合体育センター
(愛称:北海きたえ~る)メインアリーナ
札幌市豊平区豊平5条11丁目
※駐車場がないので最寄り交通機関でお越しください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 取り扱い店舗情報 
Progressive Candle 福井 優子のキャンドルは
オンラインでもお買い求めいただけます。
バナー
バナーをクリックすると公式ウェブショップへ飛びます。


☆ 札幌スタイルショップ ☆ 通年販売

札幌市中央区北5条西2丁目JRタワーイースト6F展望室エントランス
TEL: 011-209-5501
営業時間:10:00-20:00(無休)


☆ 大丸藤井セントラル ☆
“ 札幌スタイルコーナー ”※地下1階の売り場
“ 猫のキャンドル ”などオフィシャルショップでは
取扱いのないcandleが並んでます♪
6/3商品入れ替えし、スペースも広くなりました♪
札幌市中央区南1条西3丁目2
TEL:011-231-1131
営業時間:10:00~19:00


☆ もいもいのおみせ ☆

もいわ山ロープウェイ中腹駅で常設販売中
営業時間 11:00~20:30(12月~3月)、10:30~21:30(4月~11月)
場所 もいわ中腹駅(もーりすカー乗り場)


 K's Factory* Kukka * 

ハーブ・アロマ・環境雑貨・ハンドメイド小物とリンパセラピーのお店です。
札幌市東区北43条東15丁目3-16 パレ・ロワイヤルⅡ 1F 
地下鉄栄町1番出口より徒歩1分
営業日 水~土(祝日休み)
営業時間 12時~17時


☆ 山麓デザイン 
 
札幌市中央区南19条西14丁目2-23 No.6サイトウビル1F
株式会社デジタルドロップス/山麓デザイン
TEL:050-1371-9549
お問い合わせの上ご来店ください。


※ その他の店舗情報・お問い合わせは
当ブログのメールフォームよりお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ヴォーグ学園・札幌校でキャンドル定期講座を受け持っています。
 ヴォーグ・バナー
詳しくは、ヴォーグ学園のバナーをクリック♪
--定員により募集を締め切りました--
CIMG4268.jpg
今期(4月~9月)は、人気のボタニカルキャンドルを主軸に、
自然素材をデザインに取り入れた季節のキャンドルを作ります。
毎月一つの作品が出来上がり、ラッピングして持ち帰ることができるのも当講座の魅力です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

→続きを読む

皆さんは西興部村(にしおこっぺむら)を知ってるでしょうか?
オホーツク紋別に近い“興部”の西に位置するの“西興部村”

縁あって、その西興部村の
“ ゆるくないゆるキャラ ” KOPPER(コッパー)さん
のキャンドルを制作しました。

→続きを読む

お盆休み真っ只中の8/12、13の2日間、
大丸藤井セントラルさんの、7F 《 スカイホール 》にて
キャンドルワークショップを開催してきました。

今回は、人気の“ボタニカル”デザイン+アロマのキャンドルづくりでした。
CIMG4999.jpg
ドライのフルーツや、プリザーブド加工された植物を、型に埋め込みます。
CIMG4998.jpg
バランスよく配置するのが結構むずかしいんです
CIMG4997.jpg
大人向けワークショップかな、と思っていたのですが、
夏休みの自由研究にとお子様もけっこう参加してくれて、
思い思い素敵な作品を作ってくれました。

CIMG4710_ラベンダー&オレンジ_blog
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

今回のキャンドルづくりをきっかけに、
キャンドルクラフトのファンになってくれるとうれしいなぁ
もったいがらずに、ぜひ灯して明かりとアロマを楽しんでくださいね♪
7月の上旬、
バイクで道北ツーリングに行った際、
以前より連絡を試みていた養蜂家さんとやっと会うことができた。



いままでも細々と蜜蝋のキャンドルを作ってきたけれど、
以前仕入れていた養蜂家さんが辞められて以来、入手にとても困っていた。

ネットを探せば、国産も海外産の蜜蝋も手に入るけれど、
きれいに精製された蝋は、なんだか味気なく(いや、食べないけどね)
そっけないただの“材料”に感じられて、
キャンドルづくりをしていても今一つしっくりこなかった。


せっかくなら北海道でとれた蜜蝋でキャンドルを作りたい。


という気持ちがどんどん強くなり、

バイクでよく訪れる道北の道の駅スタッフさんに紹介してもらい、
新しい養蜂家さんと出会うことができた。

なんと奈良県から毎夏、北海道へ巣箱を移動して採蜜しているのだとか。
自然相手のスケールの大きな仕事です。

気難しい方だったらどうしよう・・・と心配してましたが、
お会いしてみると、とても気さくで、しかもニャンコスキー!
一気に(勝手に)親しみが沸きました。

一緒に働き、蜜蝋を作ってる親戚の方も紹介いただいて、
できたて(?)の蜜蝋を仕入れさせていただくことができました。


とてもきれいな黄色の蜜蝋。
精製された“材料”とは違うワイルドな風合い。
どんなキャンドルを作ろう。ワクワクが止まらない。

これで約6㎏の塊。
荷崩れしないようがっちりバイクに括り付け、札幌に帰ってきました。

この20日後、
“ 蜜蝋ができるまで ” を、実際に学ぶため
作業見学させてもらいに行ってきました。

その話は、また次回。


7/24(日)は
月1回のヴォーグ学園・札幌校の講座の日でした。

今期は、
植物そのものをデザインに取り入れる

“ ボタニカル・キャンドル ”

を、主軸に毎回キャンドルづくりを進めています。

今回は、北海道の夏の花、“ハーブの女王”とも呼ばれる
“ ラベンダー ” と “ ユーカリ ” の
2種のハーブを主軸のデザインに据えたキャンドルを作りました。

中でもラベンダーにこだわり、
自分で刈り取りに行って乾燥させた材料を用意し、教室で使いました。
CIMG4889.jpg
ラベンダーのほか、
プリザーブドのユーカリや小さな花や葉。
CIMG4891.jpg
中身が見え、デザインしやすい透明型に材料を埋め込んで
ラベンダーのキャンドルフレグランスを添加して香りづけした
ロウを流して固まるのを待ちます。

この日の作業時間内では固まらず型から取り出せないので、
生徒さんにはこのまま持ち帰っていただきました。

CIMG4885.jpg
出来上がりを灯すとこのような感じに・・・



予想より早く仕上がり、材料も多めに用意していたので、
おまけにもう一品作ることに(笑)

4月の初回講座の時に作った
“アロマワックス・サッシェ”を追加制作。
CIMG4896.jpg

灯すと植物のデザインが明かりと共に透けて見えるボタニカルキャンドルと、
灯さずに香りとデザインを楽しむアロマ・サッシェ。

ぜひ灯して、飾って、楽しんでくださいね。
ご参加のみなさん、おつかれさまでした!


CIMG4220_half.jpg
次回は、ボタニカルからちょっと離れて、
ジェルワックスを使った、グラス・イン・キャンドルを作ります♪

お楽しみに~!

プロフィール

福井 優子

Author:福井 優子
自由に形を変えられ、火を灯せば光に姿を変えるロウという素材に魅せられて作品創りをしています。
1998年より札幌市内のキャンドル専門店に勤めながら独学で製法を身につけ、2001年ProgressiveCandleの名で活動をスタート。
2006年には札幌市の地域ブランド「札幌スタイル」にキャンドル作品が認証される。
美しい冬のある街、札幌で生まれ育った私の中の原風景をキャンドルで表現しています。
製作のほか、キャンドル作りの楽しさと奥深さを伝えるワークショップの活動にも力をいれています。

リンク
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム
キャンドル教室・チケットのお申し込みなど 直接連絡を取りたい方は こちらにおねがいします。

名前:
メール:
件名:
本文:

Webショップ
バナー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ